豊田通商と豊通物流、RFIDタグ活用の入出庫・棚卸しシステムを試験導入

豊田通商と豊通物流、RFIDタグ活用の入出庫・棚卸しシステムを試験導入

自動車部品の拠点、グローバルでも本格展開目指す

豊田通商と子会社の豊通物流は5月30日、RFIDタグを活用した入出庫・棚卸しシステムを4月から豊通物流の「第2三好センター」(愛知県みよし市)で試験導入したと発表した。関連業務の効率化・省力化を図るのが狙い。

併せて、海外の各物流拠点とも連携するため、インドネシアの物流拠点でも同様のプロジェクトを発足させた。両拠点で稼働状況などを見極めながら、グローバルでの本格展開を目指す。

愛知のセンターは自動車部品を取り扱っている。RFIDを利用しようとしても、金属部品が多い自動車部品が電波を乱反射するなどして、データの読み取り精度が低くなるなどの問題があった。課題を解決するため、RFIDのタグ読み取り装置とAGV(自動搬送車)を連動させたシステムを開発、第2三好センターに投入した。

部品を倉庫に搬入する際、梱包箱にRFIDタグを貼り付け、各工程で入庫や在庫、出荷の予定リストとRFIDタグの読み取りデータを照合、作業の効率化と精度向上を図る計画だ。システムは高さ6メートルの棚に置かれている梱包箱のタグを自動でスキャンできるため、倉庫の高い位置に保管されている商品の実査棚卸しをスムーズに行える効果も期待している。

試験導入の結果、従来の人手でバーコードを読み取っていたのに比べて7時間少ない1時間強で作業を終えられたという。今後は海外の複数拠点でRFIDの導入プロジェクトをスタートさせる予定。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事