【動画】エディオン店舗で米フェッチの運搬ロボットを実演展示

【動画】エディオン店舗で米フェッチの運搬ロボットを実演展示

X-mov Japan、新入社員“ハコブ君”が動き回る

家電量販のエディオンがこのほどオープンした同社最大級の店舗「なんば本店」(大阪市)で、ロボット開発を手掛ける米スタートアップ企業フェッチロボティクス製の運搬ロボット「Freight(フレート)」の展示が始まった。

店舗2階のロボットコーナーで、X-mov Japan(兵庫県赤穂市)が取り扱っているフレートを実演展示。新入社員の“ハコブ君”として、ロボットに取り付けた棚にさまざまな商品を載せて店内で運んでいる。

フレートは床に走行誘導のラインやテープを貼らなくても移動できる自律走行ロボット。専用の制御ソフトで現場のレイアウトを踏まえ、走行経路を柔軟に変更できるのが特徴だ。

X-mov Japanは「徐々に慣れていき、できる仕事を増やしていくので、ぜひ遠くから温かい目で見守ってあげてください」と話している。


店内を移動するフレート(X-mov Japan提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事