日本GLP、茨城・常総で新たに6・1万平方メートルの物流施設開発へ

日本GLP、茨城・常総で新たに6・1万平方メートルの物流施設開発へ

21年7月完成予定、総費用約92億円を計画

日本GLPは7月18日、茨城県常総市で新たな物流施設「GLP常総」を開発すると発表した。

地上3階建て、延べ床面積は約6万1000平方メートル。常磐道の谷和原ICから約4・5キロメートル、都心から約40キロメートルに位置している。2020年5月に工事を始め、21年7月の完成を見込む。総開発費用は約92億円と説明している。


「GLP常総」の完成予想イメージ(同社プレスリリースより引用)

最小区画面積は約7000平方メートルからとし、比較的小規模な利用も可能にするほか、2層使い、3層使いのいずれも対応できる設計を採用する方向。

保管・作業効率向上のため、1階部分の天井高は6・5メートルと標準よりも高めに設定。荷積み・荷降ろしのスペースを十分に確保し搬入出業務を円滑にすることを計画している。

併せて、荷物用エレベーターのパレット搬送能力を標準から約30%高めるほか、トラックバースに出幅5・5メートルのひさしを取り入れ、悪天候でも荷役を継続できるよう配慮する。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

GLPカテゴリの最新記事