北海道で「レベル4」相当のトラック自動運転実験へ

北海道で「レベル4」相当のトラック自動運転実験へ

日通とUDトラックス、ホクレン、道庁が連携し8月に実施

日本通運とUDトラックス、ホクレン農業協同組合連合会(札幌市)は7月19日、トラック自動運転の共同実証実験を今年8月に行うと発表した。北海道庁も協力する。

約1カ月間、てん菜の集荷運搬を想定した実験用ルートを北海道斜里町のホクレン製糖工場の敷地内に設置し、実験を展開する予定。

UDトラックスの大型トラック「クオン」に、限られたエリアを無人で走行する「レベル4」の技術を搭載する。ただ、実験の際は緊急時に備え、運転席にドライバーが乗り込む。

4者は深刻なトラックドライバー不足などを踏まえ、農産物の物流を持続させていくために実験を展開、将来の自動運転実現につなげていきたい考えだ。


UDトラックスが2018年12月に埼玉・上尾の本社内で公開した「レベル4」のトラック自動運転デモンストレーション

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事