自動運転開発のティアフォー、パソコン受託生産世界最大手の台湾クアンタと資本業務提携

自動運転開発のティアフォー、パソコン受託生産世界最大手の台湾クアンタと資本業務提携

10億円調達、電子制御ユニットの商用化目指す

自動運転技術開発を手掛けるスタートアップ企業のティアフォー(名古屋市)は8月19日、パソコン受託生産で世界最大手の一角を占める台湾の広達電脳(クアンタ・コンピュータ)と資本・業務提携したと発表した。クアンタを引き受け先として第三者割当増資を実施、10億円を追加で調達した。

ティアフォーはクアンタの力を借りて最先端の自動運転システムを支える電子制御ユニット(ECU)の開発・商用化を図り、業界標準に育てていきたい考え。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事