日本通運、貨物の積載効率向上する新たな輸送器材を岐阜プラスチック工業と共同開発

日本通運、貨物の積載効率向上する新たな輸送器材を岐阜プラスチック工業と共同開発

最大積載350キログラム、梱包や養生簡素化し業務負荷軽減

日本通運は8月23日、貨物の汚破損を防ぐ新たな輸送器材「プロテクトBOX」を岐阜プラスチック工業と共同で開発したと発表した。

サイズは組み立てた際の外寸が幅と奥行き1・11メートル、高さ1・029メートル。折り畳んだ際は高さが26・75センチメートルに縮まる。自重は45・8キログラム、最大積載重量は350キログラム、最大動耐荷重は500キログラムと設計している。

梱包や養生を簡素化し、繰り返し使えるため、作業時間短縮による現場業務の負荷軽減、コスト抑制につながると効果を説明。上積みや積み重ねがしづらい荷物も、新機材を使うことで車両やコンテナに2段積みすることが可能になり、積載効率を向上できると説明している。大型トラックでは最大32基、5トンコンテナでは12基を積み込めるほか、航空コンテナにも1基搭載できる。

パレットと側壁を一体仕様としており、1人でも手軽に組み立てや折り畳みできるよう配慮。ハンドリフトで運べるという。

日通は「国内のあらゆる輸送モードに利用可能のため、同器材と各種輸送商品を組み合わせた新たな輸送サービスを開発する」と意欲を示している。


新たに開発した「プロテクトBOX」(日通プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日本通運カテゴリの最新記事