【動画】ZMP、韓国で初の屋外ロボット配送実験

【動画】ZMP、韓国で初の屋外ロボット配送実験

現地の食品宅配企業と連携、マンションエリアで実施

自動運転技術開発などを手掛けるZMPはこのほど、宅配ロボット「CarriRo Deli(キャリロデリ)」を使い、今年4月に韓国で初めて行った屋外ロボット配送の実証実験を行ったと発表した。

同国で食品配送を担うウーワブラザーズと連携、35棟のマンションが立ち並ぶエリアで、人々や車が行き交うところで実施した。将来のサービス展開をにらみ、安全に移動できるかどうかなどを見極めた。

キャリロデリはカメラやレーザーセンサーを駆使して周辺の環境を360度認識しながら最大時速6キロメートルで自動走行する。積載量は最大50キログラム。


実験の様子(ZMPプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事