新型コロナウイルス感染症への対応について

鈴与など静岡地盤の4社が清水港隣接地で共同開発の7・4万平方メートル倉庫が完成

鈴与など静岡地盤の4社が清水港隣接地で共同開発の7・4万平方メートル倉庫が完成

津波・災害対応重視、全線開通予定の中部横断道JCTに近接

静岡を地盤とする鈴与とアオキトランス、天野回漕店、清和海運の物流企業4社は1月29日、太平洋岸の静岡市清水区内で建設を進めてきた「新興津国際物流センター」が完成したと発表した。

清水港の新興津コンテナターミナルに隣接したエリア6万1000平方メートルを4社共同で購入、開発した。地上2階建て、延べ床面積は7万4000平方メートル。このうち鈴与が2万9600平方メートル、残る3社が1万4800平方メートルずつ利用する。倉庫面積は6万1000平方メートル。2月以降、輸出入拠点として本格的に活用をスタートする。

津波を想定して4メートルの盛り土を施したほか、2階に直接アクセスできるスロープや非常用発電機も取り入れ、災害対応を重視。最長28メートルの杭336本を強固な岩盤まで打ち込み、耐震性に配慮している。

全館LED照明などで環境負荷軽減を図っている上、特殊なブレース(筋交い)を用いて構造部分をスリム化、荷物の有効保管スペースを最大化している。

新興津コンテナターミナルのゲートまで100メートルで、東名道や新東名道、2020年内に全線開通予定の中部横断道の清水JCTにも近接するなど、首都圏をはじめ各エリアへのアクセスの良さが強みだ。


「新興津国際物流センター」の外観(鈴与提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事