メルマガの配信元アドレスが変更となりました

【動画】JALが日本初、長崎で無人ヘリ・空港間目視外飛行の貨物輸送実験

【動画】JALが日本初、長崎で無人ヘリ・空港間目視外飛行の貨物輸送実験

朝水揚げの鮮魚を同日中に都内のレストランへ配送、新たな航空貨物需要開拓図る

日本航空(JAL)は2月25日、国内で初めて無人ヘリコプターを使った空港間の目視外飛行による貨物輸送の実験を行ったと発表した。

実験は2月18日、長崎県の離島空港(上五島空港~小値賀空港)間往復約46キロメートルで実施。保冷容器に医薬品を想定した疑似貨物を収め、冷温をキープしたまま搬送した。

同19日には、同県新上五島町で朝水揚げされた鮮魚を、やはり離島間約35キロメートルを無人ヘリで運ぶとともに、JALの航空貨物輸送を連携させて同日中に東京都内のレストランまで届ける実験も行った。いずれの実験も、地元自治体などと協力した。

無人ヘリはヤマハ発動機製「FAZER R G2」を活用した。JALは「今後の環境整備とより大型の無人航空機が開発されていくことを視野に、事業化の可能性を探っていく。また、既存の航空貨物輸送とも組み合わせることで、これまで旅客機が就航していない離島地域とも物流ネットワークを構築し、新たな航空貨物需要を開拓していく」と狙いを説明している。


実験の様子


実験したエリア※クリックで拡大(いずれもJAL提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事