LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

上信越道と新東名道でトラック隊列走行の公道実験

上信越道と新東名道でトラック隊列走行の公道実験

国交・経産両省、車線維持支援システム検証

 国土交通、経済産業の両省は10月17日、トラック隊列走行の公道実証実験を今年11月に上信越道で、同12月に新東名道でそれぞれ実施すると発表した。

 後続車有人システムを利用し自動運転を展開。このうち新東名道は昨年の実験にも導入した、車間距離を一定に保つCACC(協調型車間距離維持支援システム)に加え、白線を検知して車線内で走行できるよう保つLKA(車線維持支援システム)も採用する。

 高速道路で両システムを用いた後続車有人隊列走行に挑むのは世界初という。実験では隊列走行を行っているトラックが周辺の走行車両からどのように認識されるかといった点について影響を確認する予定。自動車メーカーや大手商社なども連携して実験に臨む。

(藤原秀行)


公道実験を説明する資料(国交、経産両省提要)※クリックで拡大

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経済産業省カテゴリの最新記事