新型コロナウイルス感染症への対応について

大和ハウス工業、会計監査人をトーマツからEY新日本に変更へ

大和ハウス工業、会計監査人をトーマツからEY新日本に変更へ

50年ぶり交代、建設・不動産業界の実績など重視

大和ハウス工業は5月22日、会計監査人を有限責任監査法人トーマツからEY新日本有限責任監査法人に変更すると発表した。6月26日開催の定時株主総会に諮る予定。

トーマツは1969年10月から大和ハウス工業の監査を担っており、約50年ぶりの交代となる。

同社は交代の理由として、自社グループの事業が戸建て住宅にとどまらずマンションや商業施設、物流施設など幅広い領域に及び、海外展開にも注力していることを踏まえ、EY新日本が建設・不動産業の監査実績を多く有している点などを重視したと説明している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事