新型コロナウイルス感染症への対応について

ギークプラスとロジザード、自動搬送ロボットとクラウドベースのWMSの連携開始

ギークプラスとロジザード、自動搬送ロボットとクラウドベースのWMSの連携開始

導入時の迅速な運用開始が可能に

中国の大手ロボットメーカーGeek+(ギークプラス)の日本法人とロジザードは7月22日、自動搬送ロボット「EVE」とクラウドベースのWMS(倉庫管理システム)の自動連携を始めたと発表した。

標準的な業務フローで連携を完成しているため、顧客がロボットを導入する際、迅速に運用を開始できるのが強み。運用を重ねた後、顧客のニーズに応じて新たな稼働パターンの開発にも対応可能。

両社が組むことで、人手不足に悩む物流現場の機械化・省人化を加速させていきたい考え。


自動搬送ロボット「EVE」

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事