新型コロナウイルス感染症への対応について

風に強く揺れにくい物流向けドローンを共同開発へ

風に強く揺れにくい物流向けドローンを共同開発へ

エアロネクストと自律制御システム研究所がライセンス契約など締結

ドローン(無人飛行機)の開発などを手掛けるエアロネクストと自律制御システム研究所(ACSL)は8月31日、風に強く揺れにくい物流向けドローンの共同開発に乗り出すと発表した。

エアロネクストが持つ、ドローンの重心を安定させる独自の設計技術「4D GRAVITY」の特許をACSLが使えるライセンス契約などを締結した。同技術を用いて飛行の安全性や耐風性能などの基本的な性能を改善するのが狙い。両社は物流に加えて、インフラ設備の点検や防災など向けのドローンにも同技術を活用していくことを視野に入れている。

両社は2019年10月、4D GRAVITYを搭載した産業用ドローンの新機体開発に着手していた。ライセンス契約などの締結で協力関係をより強め、共同開発のスピードアップを目指す。


契約を締結したACSLの鷲谷聡之社長兼COO(最高執行責任者、左)とエアロネクストの田路圭輔代表取締役CEO(最高経営責任者)(ACSL提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事