新型コロナウイルス感染症への対応について

日本郵便が通年でオープンイノベーションプログラムを開始、専用サイトでアイデア募集

日本郵便が通年でオープンイノベーションプログラムを開始、専用サイトでアイデア募集

eiicon companyと連携、リソース活用した新サービス創出など目指す

日本郵便とオープンイノベーションを目指す企業同士のマッチングサイト「AUBA」を運営するeiicon company(エイコンカンパニー、東京都港区南青山)は9月14日、郵便・物流の課題を解決する革新的技術などを生み出すオープンイノベーション実現支援のプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2020」を開始したと発表した。

スタートアップ企業などからアイデアをeiicon companyが運営する専用ウェブサイト経由で募り、優れたものは日本郵便が協力して共同で事業化を目指す。日本郵便は2017年から3年にわたり、毎年革新的な技術や事業のアイデアを募集してきたが、通年で募集する形式に変更。より多くのアイデアが集まるようにする。

募集するテーマは「郵便・物流ネットワーク全体の最適化」「郵便・物流オペレーションの再構築」「郵便・物流のリソースを活用した新たなサービス創出」の3点。書類選考や面談を経て、有望なものは日本郵便の担当部署との協議などを実施。実証実験も行い、3カ月ごとに進捗状況を確認、サポートを続けるかどうかを判断する。


オープンイノベーションプログラム(日本郵便提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

専用ウェブサイトはコチラから

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事