新型コロナウイルス感染症への対応について

NTTロジスコと日辰電機製作所、レンタル機器などの自動クリーニング作業ロボットで特許取得

NTTロジスコと日辰電機製作所、レンタル機器などの自動クリーニング作業ロボットで特許取得

ドライアイスで洗浄、コロナ対策へ「密集」抑制

NTTロジスコは10月12日、レンタル機器などの自動クリーニング作業を担うロボットで、電気通信機械器具の製造・販売などを担う日辰電気製作所(埼玉県入間市)とともに特許を取得したと発表した。

多関節ロボット(ロボットアーム)2機とドライアイスを使い、機器に付着した汚れやほこりを取り除く仕組み。2019年3月からNTTロジスコが機器クリーニングを担う「リファビッシュサービス」に投入、省人化や業務量の波動への柔軟な対応を可能にした。NTTロジスコは新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、作業現場の「密集」を抑制することにもつながると強調している。


クリーニング作業の様子(NTTロジスコ提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事