新型コロナウイルス感染症への対応について

日本パッケージングコンテスト2020で最高位の経済産業大臣賞に佐川グローバルロジなど選出

日本パッケージングコンテスト2020で最高位の経済産業大臣賞に佐川グローバルロジなど選出

日本包装技術協会、自動梱包作業可能なシステム導入を評価

日本包装技術協会は10月9日、「日本パッケージングコンテスト2020」の受賞作品を公表した。

最高位の経済産業大臣賞には、佐川グローバルロジスティクス(SGL)とアルテック、王子コンテナー、王子ホールディングスの4社が「自動包装システム『Carton Wrap』を使用した輸送箱の最適化包装」で選ばれた。同システムはSGホールディングスが東京都江東区新砂に開設した大型物流拠点「Xフロンティア」内で、SGLなど4社が導入した。

同協会は授賞理由として「個々の注文ごとに梱包サイズを最適化し、自動梱包作業が可能なシステムの導入を行い、輸送効率改善、顧客の配送費低減に貢献した」と説明している。

主要な物流企業ではこのほか、経済産業省製造産業局長賞に、日立物流が「ワンウェイ段積治具」で選出。同協会は「段ボールによるワンウェイ試用、組み立て・折り畳みの容易性、安全品質面に配慮した治具を作成し、異形製品のユニットロードの積載効率の改善を図った」と評価している。


「Carton Wrap」(以下、いずれも日本包装技術協会ウェブサイトより引用)


「ワンウェイ段積治具」

(藤原秀行)

入賞作品の一覧はコチラから(日本包装技術協会ウェブサイト)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事