新型コロナウイルス感染症への対応について

メルカリと日本郵便、フリマ商品発送を郵便ポスト投函で完了可能

メルカリと日本郵便、フリマ商品発送を郵便ポスト投函で完了可能

伝票作成せず匿名、1件当たり期間限定で実質180円に

※後ほど概要を追加して差し替えます

フリーマーケット(フリマ)アプリ大手のメルカリと日本郵便は11月4日、フリマで売れた商品を発送する際に利用できる配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」に関し、新たに郵便ポストから発送可能な「ゆうパケットポスト」の提供を同日開始すると発表した。

専用箱に商品を入れ、メルカリのアプリで貼られている2次元コードを読み取って投函すれば伝票を作成せず、匿名で発送を完了できる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で「非対面」の発送ニーズが高まっていることに対応する。箱の代金に加え、利用料が1件当たり200円掛かるが、2021年4月末まではキャンペーンとしてメルカリで20ポイントを付与するため、実質的に180円となる(いずれも税込み)。

両社はこれまでにも、コンビニで専用の発送用梱包資材を販売したり、郵便局の宅配ボックスで発送を受け付けたりするなど、発送の手間軽減を図ってきた。郵便ポストから商品を発送できるようにし、フリマをより利用しやすくなる環境を整えるのが狙い。


「ゆうパケットポスト」のイメージ(メルカリ提供)


「ゆうパケットポスト」利用のイメージ(メルカリ提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事