新型コロナウイルス感染症への対応について

日本通運、インドネシア現地法人の物流施設が医薬品のGDP認証取得

日本通運、インドネシア現地法人の物流施設が医薬品のGDP認証取得

航空輸送対象、高品質で差別化図る

日本通運は11月19日、インドネシアの現地法人が、スカルノ・ハッタ空港近郊のスワルナ・ビジネスパーク内に構えている自社施設で、医薬品の適正な流通に関する国際基準GDPの航空輸送サービスで認証を取得したと発表した。発効日は10月4 日。

経済成長が続くインドネシアでは医薬品の需要も伸びると見込まれているため、GDP認証取得で安全かつ高品質な航空輸送サービスを提供、差別化を図る。


認証を取得した施設の外観(日本通運プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事