メルマガの配信元アドレスが変更となりました

キヤノンITS、端末エミュレーター「TCP Link Enterprise Server」新バージョンを発売

キヤノンITS、端末エミュレーター「TCP Link Enterprise Server」新バージョンを発売

クラウドや新OSにも対応、金融や製造、流通の各業界で継続利用促進図る

キヤノンITソリューションズは1月14日、メインフレームと呼ばれる大型コンピューターを使うためのサーバーインストール型端末エミュレーター「TCPLink Enterprise Server(TCPリンクエンタープライズサーバー)」の新バージョンを同日発売したと発表した。

IBM、富士通、日立製作所、NECの各社が手掛けているメインフレームに対応しており、セキュリティーの堅牢さから今後も金融や製造、流通の各業界で継続的に利用されることが見込まれると判断、バージョンアップを決めた。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

システムの基盤・プラットフォームがクラウド利用に移行しているのを踏まえ、新バージョンもアマゾンのAWS、マイクロソフトのAzureの環境に対応。ユーザーのサーバー維持コスト削減やシステム運用の負荷軽減を図る。

併せて、IBMi向けの純正エミュレーターとの互換性を印刷やデータ転送の機能を中心に強化。新しいOS「Windows Server2019」にも対応、現行バージョンから乗り換えしやすくしている。操作ログのデータ可視化や検索を迅速に行えるのも特徴。

ベースライセンスは税別60万円から、ユーザーライセンスは1ユーザー当たり3万円から。

TCPLinkシリーズは25年以上の歴史を持ち、累計で導入は1000社以上、保守ユーザーは200社程度、ライセンスは150万以上に及んでいる。

(藤原秀行)※写真はキヤノンITソリューションズ資料より引用

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事