画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

楽天と西友、神奈川・横須賀で日本初のロボットが公道走行する宅配サービスを期間限定で実施へ

楽天と西友、神奈川・横須賀で日本初のロボットが公道走行する宅配サービスを期間限定で実施へ

3月23日から1カ月間、遠隔監視で安全確認

楽天と西友、神奈川県横須賀市は3月8日、同市内で自動配送ロボット(UGV)を用いて商品を購入者の自宅まで届けるサービスを、3月23日から4月22日までの1カ月限定で実施すると発表した。ロボットが公道を走行して宅配するのは日本で初めて。

関連記事:【独自取材、動画】楽天、神奈川・横須賀で自動配送ロボットの公道走行実験を公開

同市馬堀海岸の「西友馬堀店」で取り扱う商品が対象。利用者は専用のスマートフォン向けアプリで注文するか、同店舗で購入した商品をサービスカウンターに持ち込むかすれば、手数料無料でUGVが配送する。配送先に到着すると自動音声による電話で知らせる。

UGVはパナソニック製で、サイズは長さ1・15メートル、幅65センチメートル、高さ1・15メートル。最大積載量は30キログラム、最高速度は時速4キロメートルに設定している。

配送の際は馬堀海岸エリアから約5キロメートル離れた同市内の電波・情報通信関連技術などの研究開発施設「横須賀リサーチパーク」に設けた拠点で携帯電話回線(LTE)を使い、UGVに設置したカメラの映像やセンサーで得られた現在位置などの情報をモニターで常時ウォッチし、障害物などがないかを確認。UGVの走行時は常にスタッフが後ろに付いて歩き、有事の際にすぐに対応できるよう考慮する。

3者は昨年12月、同じエリアでUGVを使い、実際に走行してテストを重ねてきた。安全性を確認できたことなどから、サービスに踏み切ることを決めた。宅配は期間中、西友馬堀店近隣の約200メートル×約120メートルの範囲の住宅街で実施。火曜日と木曜日のみ受け付ける。サービスの受付時間は午前10時から午後3時半に設定している。

ロボット宅配のイメージ(楽天提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事