メルマガの配信元アドレスが変更となりました

澁澤倉庫、プラスオートメーションの「RaaS」利用しロボット導入

澁澤倉庫、プラスオートメーションの「RaaS」利用しロボット導入

千葉・松戸営業所、ソーティング作業対象

澁澤倉庫とプラスオートメーションは5月10日、プラスオートメーションが展開している、物流ロボットの利用台数に応じて月額で使用料を課金する「RaaS(Robotics as a Service)」を利用し、現場にロボットを導入したと発表した。

澁澤倉庫の松戸営業所(千葉県松戸市)で、プラスオートメーションが扱っている中国製のソーティングロボット「t-sort」の活用を始めた。澁澤倉庫のWMS(倉庫管理システム)とプラスオートメーションの庫内実行システム「+Hub(プラスハブ)」を連携させ、BtoBとBtoCの両方の業務に対応できるようにした。


「t-sort」

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事