メルマガの配信元アドレスが変更となりました

トヨタ傘下のウーブンといすゞ、日野が自動地図生成プラットフォーム検討で合意

トヨタ傘下のウーブンといすゞ、日野が自動地図生成プラットフォーム検討で合意

安全な物流実現へ小型トラックへの活用視野に

トヨタ自動車の子会社で自動運転技術などを手掛けるウーブン・プラネット・ホールディングスのグループ会社ウーブン・アルファは6月8日、同社が開発する自動地図生成プラットフォーム(Automated Mapping Platform=AMP)の活用に向けた検討を進めていくことで、いすゞ自動車、日野自動車の両社と合意したと発表した。

AMPは、様々な企業から提供される車両や衛星画像などのデータを活用するクラウドソース型で高精度の地図を生成し、ソースコードを自由に利用することが可能なオープンプラットフォームで情報が提供されるため、幅広い利用が可能と見込んでいる。

AMPで生成される高精度地図は、道路上の車線や道路標識、信号等の位置情報に加え、カーブなどの道路形状も含み、これらの情報の更新頻度を高めることで、より安全な自動運転および先進運転支援技術を搭載したモビリティの実現を支える。

また、AMPにより高精度な地図を日本だけでなくグローバル規模で展開することを目指す。

今後、ウーブン・アルファ、いすゞ、日野の3社は高精度な地図を使った自動運転や先進運転支援技術を駆使し、より安全な物流の実現に向けてAMPの小型トラックを中心とした領域への活用を視野に入れていく考えだ。

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事