メルマガの配信元アドレスが変更となりました

パーソル、無人搬送ロボットの遠隔操作ソリューションを開発

パーソル、無人搬送ロボットの遠隔操作ソリューションを開発

建設や物流業界向けに22年度中の販売予定

人材サービス大手パーソルグループのパーソルプロフェッショナルアウトソーシングは6月10日、傘下のパーソルR&Dとともに、無人搬送ロボット(AGV)の遠隔操作ソリューションを開発したと発表した。

スマートフォンやタブレット端末を用いて、遠隔地からAGVの動作状況監視や操作を可能にするのが柱。AGV活用のための総合的なソリューションになっている。


建設業界や倉庫、運送といった物流業界向けに、2022年度中の販売を予定。搭載した機能は導入する企業の課題解決や要望に合わせたカスタマイズ開発も可能。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)

AGV本体の操作なしで遠隔操作が可能
AGV単独使用の場合、本体操作が必要だが、今回開発したソリューション拡張ユニットを活用すればAGVとゲームコントローラーを接続した操作が可能となる。また、スマートフォンやタブレット端末の画面上に仮想ボタンを表示させることもできるため、ゲームコントローラーがない場合も遠隔操作が可能。

AGV視点の映像をリアルタイムで確認
拡張ユニットはカメラを備えており、スマートフォンやタブレット端末などを通じて、AGV視点の映像をリアルタイムで見ることができる。これにより、AGV本体を目視できない状況でもAGVの周りのルート・障害物が確認できるため遠隔操作が可能となる。

AGVの速度・バッテリー残量のチェック
スマートフォン、タブレット端末などでAGVの速度やバッテリー残量などの状態を監視することができる。

追加予定の機能
・リモートセンシング技術を用いた周辺環境の遠隔監視
・アバターを用いた遠隔コミュニケーション機能

本遠隔操作ソリューションは、Doog社製協働運搬ロボット「サウザー」で動作することを確認している(2021年4月末現在)。21年度内に機能を追加実装するなど引き続き高度化を進めながら、本ソリューションを用いて遠隔監視・遠隔操作が可能なモビリティ、ロボットなどを拡充する計画だ。

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事