メルマガの配信元アドレスが変更となりました

東京大発のTRUST SMITHが床装飾不要AGV開発、大きさ・形状・重量に合わせオーダーメード可能

東京大発のTRUST SMITHが床装飾不要AGV開発、大きさ・形状・重量に合わせオーダーメード可能

自己地図作成、「人と協働」可能に設計

AI・ロボティクスの技術を活用したソリューションを手掛ける東京大発のベンチャー、TRUST SMITHは6月15日、新型の自動搬送ロボット(AGV)を開発したと発表した。

今回開発したのはリフト式のAGV。受け取り場所・受け渡し場所にステーションを設けることで運搬の完全無人化を実現する。

センサーから取得した情報を基に自身で地図を生成、自己位置を常に把握しており、指示もしくはシステムとして事前に登録することで、目的地までの最適な経路を生成する。

床に段差や障害物がある場合はセンサーで検知し、自ら判断して避けることが可能。人が歩いている空間でも運搬業務を行える「人と協働するロボット」としてデザインされている。

同社はこれまでの磁気誘導式やグリッド式のAGVとは異なり、床への装飾が必要ないため、工場のレイアウト変更に柔軟な対応ができるとメリットを強調している。


写真の機体は縦横1メートル前後の荷物が積まれたパレットを運搬することが可能だが、あらゆる大きさ・形状・重量に合わせてハードウエア、ソフトウエアの設計など全てオーダーメードで対応する。

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事