メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本GLPが埼玉・三郷市と防災協力協定を締結、全国9自治体目

日本GLPが埼玉・三郷市と防災協力協定を締結、全国9自治体目

施設の駐車場や庫内一部車路を提供、迅速な救援・救助活動後押し

日本GLPは6月23日、埼玉県三郷市で同社が開発した物流施設「GLP三郷Ⅲ」を災害発生時に防災拠点施設として提供することをうたった協定を、同市と締結したと発表した。

「GLP三郷Ⅲ」は2013年に完成。地上5階建て、延べ床面積は9万4719平方メートル。免震構造を採用しているほか、水害から変電設備を守るための冠水対策、地下水供給設備やバックアップ電源の導入など、BCP(事業継続計画)対応に腐心している。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

協定に基づき、災害時に「GLP三郷Ⅲ」の駐車場や庫内一部車路を開放、円滑な救援・救助活動を後押しする。

同社は三郷市を含め全国9カ所の地方自治体と同種の災害協力協定を締結済み。自治体と佐川急便の3者間で災害協力協定を結ぶ取り組みも進めている。


「GLP三郷Ⅲ」の外観(日本GLPプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事