メルマガの配信元アドレスが変更となりました

【動画】東京エレクトロンデバイス、倉庫の物流管理自動化へ実証実験

【動画】東京エレクトロンデバイス、倉庫の物流管理自動化へ実証実験

システム「HAKO-FLO」活用、計測や検品、書類作成など5種類の作業対象に

東京エレクトロンデバイスは7月7日、TOKYO ELECTRON DEVICE AMERICAが開発した、物流倉庫の自動化・効率化をサポートするシステム「HAKO-FLO(ハコフロ)」について、同日より日本国内の倉庫で省人化やコスト低減を可能にする物流管理サービスの実証実験を開始すると発表した。

物流倉庫では、荷物の保管や出庫に関する多くの業務を人手によるマニュアル作業で管理しているケースがあり、荷物の取り間違えなどに加え、在庫数量の正確な把握、棚や倉庫内の空きスペースの有効活用、人員不足による配送遅延の解消や人件費の抑制など、現行の在庫管理ソフトウエアを使用している場合でも課題が多いのが現状。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

近年のインターネット通販市場規模の急増とともに物流量が増大する中、マニュアル作業を削減し、既存の倉庫管理システムの改修コストをかけずに、効果的な運用へのシフトが求められている。

物流管理システム「HAKO-FLO」の実証実験では、ユーザーが使用している既存システムで発生する入荷時や出庫時の「計測」「検品」「在庫管理」「棚卸し」とインボイス、帳票ラベルなどの「書類作成」の5種類の業務を、クラウドやオンプレミスで提供する専用のソフトウエアで管理。人手を要するマニュアル作業を見直し、自動化することで適切な人員配置につながると見込む。

また、既存のシステムと連携することでサービスの一部だけでも利用可能にし、倉庫作業に合わせ最適な形に組み合わせた運用が可能。倉庫業務におけるさまざまな課題を解決し、効率化を実現していきたい考えだ。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)

HAKO-FLO 主なサービス
(1)RFID  箱の情報を端末で素早く計測、受入れや棚卸業務を効率化

HAKO-FLO RFIDデモ
(2)LIDAR センサー内蔵タブレットで入荷する箱の大きさを自動計測
(3)Eye   在庫数、箱の位置スペースをAIで自動検知し、作業者に通知
(4)Tracking 箱の状態、場所を受け入れから出荷まで追跡(現在開発中)
(5)Cloud  箱に関するあらゆるデータをストレージ・シェアし、「見える化」(現在開発中)

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事