メルマガの配信元アドレスが変更となりました

丸和運輸機関、ドローンやAIなど先端技術の活用へ東京大と連携

丸和運輸機関、ドローンやAIなど先端技術の活用へ東京大と連携

社会連携プロジェクトに参加、具体策を検討

丸和運輸機関は9月16日、東京大学大学院工学系研究科の「スカイフロンティア(Sky Frontier)社会連携講座」に10月から参加すると発表した。

同講座はドローンやAIなどの先端技術を地域で活用していく方策を産官学が連携して検討・推進することを目指し、2018年に立ち上げられた。

同社は2020年、社内にプロジェクトを立ち上げ、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するための活動を進めている。これまでに社内のペーパーレス化、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)やAGV(無人搬送車)導入による業務効率化に取り組んできた。

今後はドローンや自動運転についても研究を行う計画。同社子会社のアズコムデータセキュリティが埼玉県秩父市の山間地域におけるスマートモビリティによる生活交通・物流融合事業構築への取り組みに参加するなど、グループとしても多様な施策を展開している。

21年度はDXを推進する専門部署「DX推進部」を設置した。同講座を通じて、ドローンやAI、自動運転などを有効活用し、物流業務の効率化や地域振興につなげていく検討を深める計画。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事