メルマガの配信元アドレスが変更となりました

JR貨物とユーグレナ、バイオディーゼル燃料の利用開始

JR貨物とユーグレナ、バイオディーゼル燃料の利用開始

越谷貨物ターミナル駅構内のコンテナ移送トラックに、CO2排出相殺見込む

JR貨物とユーグレナは10月13日、ユーグレナが手掛ける次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を、JR貨物の越谷貨物ターミナル駅(埼玉県越谷市)で利用を開始したと発表した。

10月1日から同駅構内のコンテナ移送トラックに使っており、CO2の排出削減を図る。

サステオは使用済みの食用油とユーグレナ(ミドリムシ)を原料として製造。燃料の燃焼段階でCO2を出すものの、食用油の原材料の植物とユーグレナのいずれも成長の過程で光合成によるCO2を吸収するため、排出分を相殺して実質的にゼロとなる「カーボンニュートラル」に貢献できると見込む。

サステオは年間で2388リットルを調達する。両社は今後、トラックに加えてフォークリフトや機関車にもサステオを使うことを検討するほか、他の貨物駅でも取り扱うことを視野に入れている。


サステオ給油の様子(両社プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事