画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ヤマトグループ、貨物専用機を24年4月導入へ

ヤマトグループ、貨物専用機を24年4月導入へ

JALグループのジェットスターが運航、首都圏~北海道、九州・沖縄で活用

ヤマトホールディングス(HD)と日本航空(JAL)は1月21日、貨物専用機(フレーター)の運航を2024年4月に始めると発表した。

ヤマトグループが専用機を導入し、JALグループのジェットスター・ジャパンが運航を担う。首都圏から北海道、九州・沖縄の両地域向けの長距離輸送に活用する。

ヤマトグループがトラックや鉄道、フェリー、旅客機の床下貨物スペース(ベリー)に加え、フレーターも運営することで、安定的な輸送力確保とサービス品質の維持・向上を目指す。

投入するのはエアバスA321ceoP2F型機を3機で、中古の旅客型機を貨物専用機に改修したものを採用。最大搭載重量は1機当たり28トンに及ぶ。羽田、成田と新千歳、北九州、那覇の各空港間で運航する。

両社は「フレーター運航でのネットワーク拡大やスピード輸送の実現にとどまらず、これまで培ってきた経営資源の相互活用などの提携を進め、地方発のD to B/C市場形成や国内外への商流構築など新たなビジネスチャンスの創出により、地域産業活性化への一層の貢献を通じて顧客に選ばれ続ける企業価値の向上を図る」とコメントしている。


投入するフレーターのイメージ(ヤマトHD提供)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事