画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

商用車向け変速機大手の米アリソン日本法人、東京・八王子で新たな物流センター稼働開始

商用車向け変速機大手の米アリソン日本法人、東京・八王子で新たな物流センター稼働開始

委託先のアスカテクノス、出荷量を1.4倍拡大

中型・大型商用車向けオートマチックトランスミッション(変速機)の世界最大手、米アリソントランスミッションの日本法人アリソンジャパンは3月25日、製品の物流業務、カスタマイズを委託するアスカテクノスの本社機能が東京都八王子市に移転、拡大したことに伴い、新たなアリソン物流センターの稼働を開始したと発表した。

OEM(相手先ブランドによる生産)向けアリソントランスミッション製品の出荷を2022年1月に開始した。

アスカテクノスは1997年、アリソントランスミッションのサービス代理店契約を締結するとともに物流業務事業を開始。2011年5月にはディストリビューター契約を結んだ。米国やインドから輸入したアリソン製トランスミッションを各OEMメーカー向けにカスタマイズする事業と、東京、神奈川を中心としたトラック・バス事業者向けに中・大型商用車向けフルオートマチックトランスミッションの修理、点検、オーバーホールといったアフターサービスを提供する事業を手掛けている。


アスカテクノス本社

新アリソン物流センターは、OEM向けトランスミッションの出荷量をこれまでの月間1000台から1400台に引き上げるとともに、カスタマイズ作業エリアを29%拡大。これまで作業エリアは5本のクレーンで対応していたところを7本に増やし、一度に対応できる作業数が増え、効率化を図ることで生産性が向上している。

作業量の増加に伴い、保管量も月間1420台から1800台に27%増加。出荷時の品質が天候に左右されないよう、屋内の出荷場を454平方メートル増床し、入出荷時の作業効率を大幅に改善させる計画。


出荷量をこれまでの月間1000台から1400台に増加し、併せて作業エリアを29%拡大


出荷時の品質が天候に左右されないよう、屋内の出荷場を454平方メートル増床し、入出荷時の作業を高効率化

DSC_0209
保管量が月間1420台から1800台に27%増加(いずれもアリソンジャパン提供)

アスカテクノスの松居祥二常務取締役は「年々増加する国内・海外向け車両に搭載されるフルオートマチックトランスミッションの供給体制を整える一方、アリソンの国内市場の主力製品である、大型路線バスに搭載されているTモデルがオーバーホールの時期を迎え、定期点検のニーズも高まっており、このアフターサービス体制も同時に整えるため新物流センター内にサービスセンターを併設し、お客様の要望へ迅速に対応できるようにしている」と説明している。

国内外でのフルオートマチックトランスミッション搭載車の需要は年々高まっており、アリソンジャパンは新物流センターを生かして安定的なOEM供給に努める。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事