画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

Hacobuの配送案件管理サービス、CO2排出量可視化機能を追加

Hacobuの配送案件管理サービス、CO2排出量可視化機能を追加

荷主や元請け、運送会社間でデータ共有可能

Hacobu(ハコブ)は4月14日、配送案件管理サービス「MOVO Vista(ムーボ・ヴィスタ)」にCO2排出量可視化機能を追加したと発表した。

配送案件ごとのCO2排出量を把握し、削減の取り組みにつなげられると見込む。物流領域で脱炭素の潮流が強まっているのに対応する。

MOVO Vistaは荷主企業と元請け、運送会社の間で配送案件のデータを共有、管理できるようにする。CO2排出量の可視化は経済産業、 国土交通の両省が作成した「ロジスティクス分野におけるCO2排出量算定方法共同ガイドラインVer.3.1」の燃費法に基づき算出している。

サプライチェーンにおける排出量のうち、「スコープ3」の輸送・配送のカテゴリーは、その多くが自社以外から排出されているため把握が困難なのが課題。MOVO Vistaは業務の生産性向上、属人化解消と同時に、CO2排出量のデータを自動的に蓄積、有効活用できるようにする。


排出量可視化の画面イメージ(Hacobu提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事