画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

フレクト、車両運行業務最適化サービス「Cariot」に現場の状況を臨場感持って伝える新機能追加

フレクト、車両運行業務最適化サービス「Cariot」に現場の状況を臨場感持って伝える新機能追加

到着予想時間などリアルタイムで提供、配車担当・オペレーターのストレスや不安解消図る

フレクトは6月1日、クラウドベースの車両運行業務最適化サービス「Cariot(キャリオット)」に、配車担当・オペレーター(管理者)が現場の状況をより臨場感を覚えられるよう分かりやすく表示する新機能「DriveView(ドライブビュー)」をリリースしたと発表した。

管理対象の車両の現在地や目的地への到着予想時間、停車場所での待機時間に加え、長時間の停車など異常が発生していないか、予定に空きがありすぐに対応できる車両はどれかなど、多様な情報を1つの画面で確認できるよう設計。配車担当者らが、現場が見えない不安・ストレスを覚えないようサポートする。

フレクトは新機能を駆使することで、急な配送や集荷の依頼に対し、計画外の運行をした場合の到着時間の確認も可能になるとみている。

DriveViewの利用イメージ
事例:緊急の引取依頼への対応

1. 取引先から緊急の引取依頼の電話がかかってくる
2. DriveViewを開き、電話のかかってきた取引先名で検索する

3. 検索結果から対象の取引先を選択し、周辺の車両を確認する

4. 車両を選択し、ホワイトボードの配車計画と照らし合わせ、アサイン可能か確認する

5. ドライバーに電話連絡し、アサイン可能かを再度確認しアサインを確定する
6. 取引先に到着のおおよその目安を伝える
(写真はいずれもフレクト提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事