安田倉庫、新中計で21年度に連結営業益40億円目標

安田倉庫、新中計で21年度に連結営業益40億円目標

アジアの物流網拡大やM&A推進など基本戦略に

 安田倉庫は2月7日、2019~21年度を対象とする新たな中期経営計画「YASDA Next 100」を策定したと発表した。

 基本戦略として、ソリューション提案型営業の徹底、アジアの物流網拡大、最先端技術活用、シナジーが見込めるM&Aなどを推進。最終年度の21年度(22年3月期)に連結営業収益550億円(18年度予想454億円)、営業利益40億円(31億円)、経常利益45億円(40億円)、営業利益率7%の達成を目指す。

 併せて、30年における理想像を打ち出した「長期ビジョン2030」も公表した。「他の追随を許さないロジスティクス・ソリューションと人間力で確固たる顧客満足を獲得する」「多様性を尊重し働きやすく、かつ働きがいのある職場で従業員が最大限のパフォーマンスを発揮する」ことなど4点の実現を打ち出している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

安田倉庫カテゴリの最新記事