画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

東芝デジタルソリューションズ、サプライチェーンの運営効率化・強靭化支援する新サービス提供開始

東芝デジタルソリューションズ、サプライチェーンの運営効率化・強靭化支援する新サービス提供開始

サプライヤーらの間で情報発信・共有可能に

東芝デジタルソリューションズは10月19日、企業の戦略調達を後押しするソリューション「Meister SRM」の新サービスとして、サプライチェーンの運営を効率化するクラウドベースのシステム「Meister SRM ポータル」の提供を同日開始たと発表した。

サプライヤーを含め、ものづくりに関わる企業同士をつなげ、企業間の情報の発信と共有を促進するとともに、事業活動をサポートする様々なサービスを連携させワンストップで提供、サプライチェーンの強靭化や高度化を後押しする。


(プレスリリースより引用)

近年の新型コロナウイルスや米中貿易摩擦など、予測困難なビジネス環境の変化に対応するため、製造業では直接の取引先の1次サプライヤーに加え、2次以降のサプライヤーを含めたサプライチェーンの強靭化に向けた取り組みが強く求められている。サプライヤーとしても新たな取引先の開拓や災害時の生産停止リスクの把握、脱炭素化の対応状況把握など、サプライヤー間でも密なコミュニケーションが必要となっている。

「Meister SRM」はそうしたニーズを受け、システムに加入する企業同士が、自社の情報を発信・共有し自律的につながることでサプライチェーンのネットワークを可視化し、様々なリスクの把握や取引企業のネットワーク拡大を促進する。また、パートナーと連携し、温室効果ガス排出量算定・可視化サービスや、ものづくりのためのビジネスマッチングサービスなどを提供する。

今後は、気象庁や災害リソースのサイトと連携した災害通知や自動影響調査サービスなどの拡張を予定している。

さらに、システム利用を通じて蓄積されたデータを活用し、各種業務効率化へ役立つ分析サービスや、ファイナンスサービスとの連携など、企業向けの新たなサービスを提供していくことを目指す。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事