画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

商船三井と米シェブロン、液化CO2海上輸送事業開発で連携へ

商船三井と米シェブロン、液化CO2海上輸送事業開発で連携へ

回収・再利用・貯蔵設備の稼働に合わせ、脱炭素化で協力

商船三井は11月10日、石油メジャーの米シェブロンと、同社のシンガポール子会社シェブロン・ニュー・エナジーズを介し、シンガポールで排出されるCO2を回収した後に液化し、オーストラリア沖貯留地まで海上輸送するための事業開発協力に関する覚書を締結したと発表した。


署名式に臨んだシェブロンのクリス・パワーズ副社長と商船三井の野間康史執行役員(プレスリリースより引用)

覚書に基づき、商船三井とシェブロンは液化CO2の海上輸送に適した船舶の技術的・商業的実現可能性を検討する。2030年までに CCUS(Carbon Dioxide Capture, Utilization and Storage、CO2の回収・再利用・貯蔵)事業の操業を開始することを目標に設定しており、操業開始後は年間250万tの液化CO2の海上輸送を見込む。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事