画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

キリンビバと三菱重工、三菱ロジスネクストが飲料倉庫のピッキング自動化へ連携

キリンビバと三菱重工、三菱ロジスネクストが飲料倉庫のピッキング自動化へ連携

キリングループロジも参加、AIや機械学習など活用

キリンビバレッジとキリングループロジスティクス、三菱重工業、三菱ロジスネクストは11月21日、飲料倉庫のピッキング自動化に関する共同実証を、三菱重工が横浜市本牧エリアで運営するものづくりの共創空間「Yokohama Hardtech Hub(YHH)」内の実証施設「LogiQ X Lab(ロジックス・ラボ)」で実施すると発表した。

期間は11月から2023年6月まで。


YHH内の実証施設「LogiQ X Lab」

キリングループは現在、工場の自動化を進めているが、倉庫の物流は有人フォークリフトや作業者による手作業が中心で、物流オペレーター不足や重量物ピッキングへの対策、人材のさらなる有効活用といった課題を抱えている。

三菱重工グループが開発した「自動ピッキングソリューション」は、これまで作業者自身が効率化を考えながら行っていたピッキング作業を、三菱重工が研究開発を進める、AIや機械学習を用いた自律化・知能化ソリューション「ΣSynX(シグマシンクス)」を活用。独自開発の最適化エンジンや統合制御システムを駆使し、複数のAGF(無人フォークリフト)、AGV(無人搬送ロボット)、ピッキングロボットを効率的に連携させて搬送・ピッキング回数を削減、ピッキング工程の最適化とスループット(処理能力)向上を実現する。

コンベヤーや自動倉庫のような大規模な固定設備を使わない、可動式で汎用性が高い自動ピッキングソリューションを導入することで、中小型倉庫での導入、物流環境やマーケットトレンド、雇用状況に柔軟に対応することが可能なのが特徴という。

今回の共同実証は、従来から使われているAGF、AGV、ピッキングロボットの3つの機械の連動を最適化。キリンビバレッジの倉庫オペレーション条件下で「ΣSynX」による最適化制御の検証を実施し、安全に配慮した倉庫物流現場の課題解決を目指す。


従来のピッキングのフロー


自動ピッキングのフロー


自動ピッキングフローの画像

(藤原秀行)※いずれも各社提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事