画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

椿本チエイン、KDDIと物流DX促進へ業務提携

椿本チエイン、KDDIと物流DX促進へ業務提携

ベンダーフリーで庫内の全体工程自動化できるソリューション提供目指す

椿本チエインは11月30日、子会社の椿本マシナリーとともに、物流倉庫内の省人化やコスト削減、生産性向上を図るため、KDDIと同日付で業務提携したと発表した。


倉庫自動化ソリューションのイメージ(椿本チエイン提供)

椿本チエインは、倉庫自動化に当たり、1つの作業をマテハン機器やロボットで置き換えるだけでは効果が限定的で、人の業務を含めた全体工程を自動化することで省人化やコスト削減などの効果を大きくできると説明。

全体工程の自動化には工程ごとに、メーカーの枠にとらわれない最適な機器を導入する必要があるが、これまでは顧客が選択できるメーカーや機器が限定されるベンダーロックイン型のソリューションが一般的だったため、提携で多様なメーカーや機器に対応したベンダーフリーな「倉庫自動化ソリューション」を展開、物流領域のDXを加速させたい考え。

椿本チエインは長年にわたり、搬送・仕分け・保管などを担う自動化システムを開発し、国内外に多くの納入実績を持つ。椿本マシナリーは機械商社として、メーカーにとらわれないベンダーフリーの発想で顧客に最適な機器を選定・納入するなどのエンジニアリング事業を展開している。

一方、KDDIは次世代高速通信の5Gなど多様なネットワークサービスやクラウドの導入から保守まで全てをサポートするクラウドサービスソリューションなどの構築力、セキュリティインフラ構築からシステムの統合監視、問い合わせやトラブル対応までの窓口一元化を実現する保守・運用監視体制、開発体制を提供している。

提携を通じて3社の知見や技術を掛け合わせ、倉庫自動化システムの共同開発とベンダーフリーな倉庫自動化ソリューションのワンストップ提供に取り組み、倉庫自動化における検討・導入プロセスや運用監視の複雑さや課題を解決する。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事