画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

商船三井、海上輸送で日本製鉄の需給管理システムとデータ連携

商船三井、海上輸送で日本製鉄の需給管理システムとデータ連携

スケジュールや貨物情報など迅速に確認可能

商船三井は5月29日、ドライバルク船顧客を対象に開発した海上輸送に関する情報提供システム「Lighthouse(ライトハウス)」と、日本製鉄の需給管理システムのデータ連携を開始したと発表した。

日本製鉄は従来、原料調達における海上輸送の情報を、商船三井を含む各船社からの限られた頻度で、情報共有の形で入手してきた。日本製鉄の需給管理システムとLighthouseを連携させることで、商船三井が運航する船に加えて、日本製鉄向けの主要船隊各船のスケジュールや貨物情報など、海上輸送に関する多様な情報を日本製鉄が常時・最新の状態で確認できるようになる。

両社のシステム連携で船舶運航の効率化につなげ、温室効果ガスの排出削減を推し進めることも目指す。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事