【動画】をくだ屋技研、軽い力で押せる台車を発売

【動画】をくだ屋技研、軽い力で押せる台車を発売

小型・高効率モーター採用、女性やシニア層に配慮

油圧技術を用いた荷役運搬機械メーカーのをくだ屋技研(OPK、堺市)は4月8日、独自に開発したセンシング技術を取り入れ、重量物を乗せても軽い力で押せる油圧式昇降台車(リフトテーブル)「プッシュキャデ」を同日発売したと発表した。


「プッシュキャデ」

使用イメージ(いずれもをくだ屋技研提供)

小型で高効率のモーターを採用し、女性やシニア層でも使いやすくなる工夫を凝らした。電源としてリチウムイオン電池を導入、繰り返しの充電に耐えられるようにした。ハンドルを握って押す、引くの動作をすればアシスト機能が自動的に働き、手を離せばブレーキがかかるようにして、物流施設や工場などでの安全確保に配慮している。

最大積載質量は250キログラム。日本語と英語、中国語のいずれかの言語に対応した音声ガイドを搭載している。既に販売している台車「リフトテーブルキャデ」にアシストユニットを後付けすることもできる。


アシスト機能未使用時

アシスト機能使用時

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事