「第5回国際ドローン展」が千葉・幕張メッセで開幕

「第5回国際ドローン展」が千葉・幕張メッセで開幕

新機体や技術などお目見え、約40社出展

ドローン(小型無人機)に関する本格的な展示会「第5回国際ドローン展」(主催・日本能率協会)が4月17日、千葉市の幕張メッセで開幕した。

ドローンの開発や製造、操作などに関する最新動向を紹介し、デモフライトを実施。併せて、関係者による講演やセミナーも開催し、普及を後押しするための情報発信に努める。約40社が出展し、19日までの期間中に6000人の来場を見込む。


国際ドローン展の会場

会場では、農業やインフラ点検・整備、空撮などに使われるドローンの機体が登場。このうち中国の大手ドローンメーカーDJIの日本法人はハイパワーで安定した飛行が可能な大型ドローンなどを展示。物資輸送などの多様な用途に投入できるとアピールした。

併せて、SkyLink Japanや三信建材工業、東洋製罐、日本サーキット、空撮技研、スカイスコープソリューションズと玉川大の6者がそれぞれドローン飛行のデモを3日間実施し、ドローンを使った新たなサービスの可能性などをアピールする。

講演では国土交通や経済産業、総務の各省担当者がドローン普及促進政策の現状と展望をそれぞれ解説。日本で初めて、操縦者の目が届かない遠距離を飛ぶ「目視外飛行」によるドローン物流の実験を行っている日本郵便も取り組みをプレゼンテーションする。


DJIのドローン

SkyLink Japanによるデモ飛行

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事