NTTドコモと伊藤忠ロジスティクス、米国でIoT活用した傭車管理効率化の実験へ

NTTドコモと伊藤忠ロジスティクス、米国でIoT活用した傭車管理効率化の実験へ

現在位置を見える化、急ブレーキ頻度などの情報も収集

NTTドコモは4月18日、伊藤忠ロジスティクスと連携し、IoT(モノのインターネット)を生かし、傭車の運行状況を見える化するソリューションの実証実験を米国で5月1日に始めると発表した。

両社の米国法人も参加、6月28日までの間、電力の消費を抑えた通信規格「LTE-M」を使い、バッテリーや太陽光発電で稼働する取り外し可能なIoT端末を傭車のトラックに搭載。車両の現在地などの情報をリアルタイムで把握し、運行管理を効率化できるかどうかを見極める。

専用のポータルサイトで傭車の現在地を5分ごとに更新して表示。併せて各車両が急ブレーキをかけている頻度を見られるようにし、安全運転を後押しするほか、配送先に近づけば顧客と伊藤忠ロジにメールで連絡する。

NTTドコモはグローバルで通信回線などを一括的に提供してIoT導入をサポートするサービス「Globiot(グロビオ)」の利用拡大を図る。伊藤忠ロジは傭車の運行管理効率化のソリューションを確立し、将来はアジアでも展開していきたい考え。


実証実験の流れ※クリックで拡大


傭車に搭載する端末のイメージ
(いずれもNTTドコモ提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事