ZMP、物流支援ロボにDPSと連携機能を追加

ZMP、物流支援ロボにDPSと連携機能を追加

ピッキング数量を自動表示、既設センターでも円滑に活用可能

ZMPは5月21日、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)AD」に、デジタルピッキングシステム(DPS)と連携する新機能を追加すると発表した。

キャリロが特定の場所に近付くとDPSに指示を送り、ピッキングする箇所の表示器を光らせて数量を表示させる。対象の商品をキャリロに乗せれば、次のピッキングする箇所へ自動的に移動する流れだ。

同社は「キャリロは場所を選ばず柔軟なルート設計が可能なので、既に業務フローやレイアウトが固まっている既設センターや工場でも円滑に活用できる」と説明している。

新機能は2019年下半期に投入する計画。価格や具体的な販売開始時期などは、同社が7月23~26日に開くイベント「ZMP World2019」で公表する予定。


倉庫内での連携のイメージ(ZMP資料より引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事