JALとKDDIがIoT活用の次世代サービス開発で合意

JALとKDDIがIoT活用の次世代サービス開発で合意

5Gによる航空機整備など新ビジネスを検証へ

日本航空(JAL)とKDDIは6月27日、両社のオープンイノベーション拠点である「JAL Innovation Lab」と「KDDI DIGITAL GATE」の連携を通じて、次世代移動通信システム「5G」やIoT(モノのインターネット)を活用した次世代サービスの研究開発・実用化を行うことで合意したと発表した。

5Gと他のテクノロジーを融合した新たなサービスの研究開発、空港や整備工場などで5Gの実用化を目指した新たなビジネス検証を進めていく。両社は2018年11月に5G専用端末によるタッチレス搭乗ゲートや大容量コンテンツの情報配信、また19年3月には4K/8Kの映像を用いた航空機整備の遠隔作業支援など高度化ソリューションの開発と実地試験に成功している。

今後もイノベーションパートナーとして20年度の商用化に合わせてJALの拠点に5G基地局を構築。5Gを活用した次世代サービスを実用化していく。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事