NECが「空飛ぶ車」の試作機を公開

NECが「空飛ぶ車」の試作機を公開

全長約3・9メートル、自律飛行の制御ソフトウエアなど搭載

NECは8月5日、垂直に離発着して上空を移動できる「空飛ぶ車」の試作機を、千葉県我孫子市の同社事業場で公開した。

関連記事:ドローンや「空飛ぶ車」の最適飛行ルートを自動考案

サイズは全長約3・9メートル、幅3・7メートル、高さ約1・3メートル。試作機には自律飛行や機体位置情報把握(GPS)を含む飛行制御ソフトウエア、推進装置のモータドライバを搭載しており、無事に飛行することに成功した。

今後は飛行実験を重ね、空飛ぶ車の実用化とともに、飛行管理システム開発にもこぎ着けたい考え。


「空飛ぶ車」の試作機(NECプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事