国交省、京急衝突事故受け全ト協に再発防止へ安全確保徹底を要請

国交省、京急衝突事故受け全ト協に再発防止へ安全確保徹底を要請

点呼時に通行可能な経路指示、踏切内で運行不能時の速やかな対応など

国土交通省は9月6日、横浜市神奈川区の京急線踏切で同5日に快特電車がトラックと衝突、脱線しトラックの運転手が死亡、電車の乗客ら30人以上がけがをする事故が起きたのを受け、全日本トラック協会に対し、貨物自動車運送事業法などにのっとり、再発防止へ事業用自動車の安全確保をあらためて徹底するよう文書で要請した。

具体的には、点呼時に通行可能な道路を経路に設定するようトラックドライバーに指示することや、踏切内でトラックが運行不能となった場合は踏切の非常停止ボタンといった適切な防護措置を速やかに取るよう指導することなどを求めている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事