日野自動車とトランコムが資本・業務提携

日野自動車とトランコムが資本・業務提携

幹線輸送効率化で協力、新たなソリューション開発も

日野自動車とトランコムは12月12日、資本・業務提携契約を締結したと発表した。日野がトランコムの発行済み株式の約5000万円分を取得。関係を強化して物流効率化の新たなソリューション開発を目指す。具体的な出資比率は開示していない。

関連記事:トラック4社首脳、自動運転やEVで「物流の継続・発展に貢献」アピール

両社と江崎グリコ、アサヒグループホールディングス、江崎グリコ、千代田運輸、ユーネットトランスは12月4日、日野子会社のNEXT Logistics Japan(ネクストロジスティクスジャパン、NLJ)に日野を除く6社が総額1億円を出資、同9日に新たな幹線輸送サービスの運用をスタートすると発表していた。

日野とトランコムは幹線輸送サービスの運用で協力。NLJともタッグを組み、トラックの積載率を高められる荷物の積み合わせを算定、各社の積載効率を高めることを目指している。併せて、トラック運行などのビッグデータをAI(人工知能)などで分析していくことも想定している。


新たな幹線輸送サービスの運用協力を発表した日野自動車やトランコムなどの幹部(各社プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事