ギークプラスの自動フォークリフト、「スマート工場EXPO」で日本初登場

ギークプラスの自動フォークリフト、「スマート工場EXPO」で日本初登場

協栄産業と共同出展、搬送ロボと連携可能

関連記事:【独自記事】ギークプラス、自動フォークリフトを国内初出展へ

協栄産業は2月5日、中国の新興ロボットメーカー、Geek+(ギークプラス)日本法人が、2月12~14日に東京・有明の東京ビッグサイトで開催される、製造業・物流業界向けにIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などの先端技術を活用したソリューションを紹介する大型展示会「スマート工場EXPO」に、無人で稼働可能な自動フォークリフト「F14L」を日本で初めて出展すると発表した。

パレットの荷物を自動で積み卸しできる。ギークプラスの自動搬送ロボット「EVE」と連携させれば、積み卸しと運搬を一体的に自動化することが可能という。ギークプラスは今後、協栄産業とも協力し、自動フォークリフトを積極的に物流・製造現場へ提案していきたい考え。

「スマート工場EXPO」は協栄産業とギークプラスの共同ブースでフォークリフトなどのデモンストレーションを実施する予定。


自動フォークリフト(左)と搬送ロボット(協栄産業提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事