日通、東京・江東区にショールーム型の最先端物流施設を6月開設へ

日通、東京・江東区にショールーム型の最先端物流施設を6月開設へ

「オートストア」や「EVE」、無人フォークリフトなど実演

日本通運は2月12日、東京・江東区新砂の同社倉庫施設内に、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)といった最先端技術を活用した物流機器を集めたショールーム型物流施設「NEX-Auto Logistics Facility」を開設すると発表した。延べ床面積は2998平方メートルで、今年6月に稼働開始の予定。

物流センター内の作業工程を細分化し、それぞれに最先端機器を導入。アパレル関連の商品を実際に取り扱い、入庫から保管・ピッキング・梱包・出庫に至るまでの一連の流れで、物流機器が作動している様子を来場者に見学してもらう。顧客ごとに最適のソリューションを創出できるようにするのが狙いだ。

導入するのはロボット倉庫システム「AutoStore(オートストア)」や中国系ロボットメーカー、ギークプラスの自動搬送ロボット「EVE」、三菱ロジスネクストの無人フォークリフト「RACK FORK AUTO」など。RFIDタグを活用した検品作業の効率化システム「RFIDトンネルゲート」なども取り入れる予定。他にも、日通社内向けの訓練設備なども開設させる計画だ。


物流施設の完成イメージ(日本通運プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事