新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】ヤマト運輸の千葉・松戸市支店でセールスドライバー2人が感染判明

【新型ウイルス】ヤマト運輸の千葉・松戸市支店でセールスドライバー2人が感染判明

同僚ら全社員・派遣社員を自宅待機に

ヤマト運輸は4月3日、千葉県松戸市の流山主管支店南花島支店に勤務し、集配を担当している男性セールスドライバー(SD)2人が新型コロナウイルスに感染していることが同2日に判明したと発表した。

感染したのは50代と30代のSD。同一の事業所から複数の感染者が出たのを重く見て、同支店に勤める全社員と派遣社員を自宅待機にしている。

同支店担当エリアの集配業務は近隣の営業所が代替している。遅れが生じる可能性があるという。同支店は消毒作業のため、窓口受付業務を4月3日から休止している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事