新型コロナウイルス感染症への対応について

玉井商船、東証2部上場廃止の猶予期間入り

玉井商船、東証2部上場廃止の猶予期間入り

時価総額が10億円未満に、事業計画改善書提出へ

東京証券取引所は4月1日、第2部に上場している玉井商船が、上場廃止にかかわる猶予期間入りしたと発表した。3月末時点の時価総額が約9億200万円で、上場廃止基準の「10億円未満」に抵触したため。

期間は同日から12月31日までの9カ月間。時価総額が月間平均と月末の両方のベースで10億円以上にならないと上場廃止が決まる。事業計画改善書を6月末までに出さない場合は、6月末までが猶予期間になる。

玉井商船は「外航・内航ともに現状の収益性をあらためて見直し、財務体質の健全化を図り、今後とも上場を維持できるよう努める」とコメントしており、3カ月以内に事業計画改善書を取りまとめ、東証へ提出する方針。

同社の2020年3月期の連結業績は売上高が前期比8%減の50億6000万円、営業損益は2億2000万円の赤字、純損益は1億5000万円の赤字を見込む。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事